青森にUターン就職!貧乏OLの丸秘家計簿ブログ

東京での学生生活が終わり、就職は地元青森へ大学5年間の間に東京に染まってしまったわたしには、買物の不便さが本気で困っています。ネット通販大活躍しそうな予感、とはいえ新卒OLなので節約をしつつと家計簿を公開しながら頑張ります
マカロン
ナポレオン
HOME

引っ越しの前にすることとして、最優

引っ越しの前にすることとして、最優先しなければいけないのは市区町村役場への、転出届の提出です。

さほど大変な仕事ではなく、今住んでいる市区町村で役所に出向き、窓口で手続きできますが、郵送での受付もできますので、調べてみてください。
それから、窓口が開いている時間に役所に行って手続きできなければ、委任状を持参した代理人が提出することもできます。実際の転居の2週間程度前から、転居届を出すことができる自治体がほとんどです。どれだけの荷物をどこまで運ぶのかによって引っ越しにおける相場も変わることをご存知ですか?出来るだけ出費を抑えて引っ越しをしたい方は、何より先に、必要経費の大体の目安を付けるために相場を理解すると良いでしょう。


その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのが充実した引っ越しになるポイントです。現在の住まいに、結婚とともに引っ越しましたが、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。
専門の業者にお願いした引っ越しを初めて行ったのではじめの電話だけでも緊張し通しでした。ですが、スタッフ全員が丁寧な対応と、確実な作業をしていただき、信頼して荷物を任せ、作業を進めることができました。


また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときもぜひお願いしたいと思います。よく質問がありますが、引っ越しの時の積み込みにかかる時間というのはこれは決して一定しておりません。



部屋は何階なのか、荷物はどれだけあるのか、また、作業人数はどれくらいか、といった条件によって全く変わってくるものです。


ですから、あまり当てにはならないかもしれませんが一応、単身の、最もコンパクトな引っ越しの場合で約30分、荷物の量が極めて多めの世帯であれば概ね2時間を少し越えるくらい、超高層階だの、蔵書がやたら多いなどの特殊な条件がなければ、だいたいその範囲内で済むはずです。引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、とにかくまず、ダンボールではないでしょうか。新しい住まいに荷物を運ぶには、ダンボールで梱包しないといけません。用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると作業しやすいはずです。不足してから改めて調達、となると時間の無駄ですし、少し多めに準備しておきましょう。


ダンボールはネット通販やホームセンターで購入できます。また、スーパーなどでもらってくることもできるのですが、ダンボールは、できれば引っ越し業者の用意するものを使った方が丈夫で大きさも揃っていて、荷造りしやすいかもしれません。大抵の引っ越しでは、意外なほど多くの不用品が出てくるものですが、これらの品を買い取ってくれるサービスを行なう引っ越し業者があって、引っ張りだこの人気となっています。クローゼットやワードローブといったものから各種ブランド品、テーブルや応接セット、あるいはベッド等々、引っ越しによって出てくる不用品は、いろいろあります。買い取ってほしい品物がたくさんある時は、買取サービスを重点的に行っている引っ越し業者を利用すると良いでしょう。そういったところは、確実な査定をしてくれることが多く、買取対象商品が広いので、新たに買取先を探す必要がありません。引越しにあまりお金はかけたくないという人のおススメの引っ越し業者は赤帽です。中でも、一人暮らしの引っ越しといった小規模のものに評価が高い引っ越し業者です。



料金設定は時間制のものが多いので、荷物運びを手伝うことで作業にかかる時間を抑えることが可能ですので、自主的に作業の手伝いをするのがおススメです。
赤帽車は軽自動車なので積載量に不安があるかもしれませんが、意外とたくさん積められますから、安心して引っ越しが出来ます。
引っ越しで、一人暮らしの場合、引き続きベッドで寝るのか、布団だけにするか悩むでしょう。ワンルームに引っ越すとすると、ベッドがあるとそれだけで狭く感じられます。また、もとの住まいに合わせた大きさのベッドであれば、専門の業者でも転居先のドアからベッドの搬入ができないという困った事態になることもあります。
引っ越しを機会に、ベッドを処分して布団生活を思い切って試してみると家の中がすっきりしていいかもしれません。電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのがインターネット回線のプロバイダーへの連絡です。
忘れている方も多いようで、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、インターネットが使えなくて青ざめる、そんな方はどこにでもいます。引っ越しが多い時期だと移転の手続きもなかなか進まないと考えてください。プロバイダーに移転の連絡をするだけでも、早く終わらせて損はありません。

荷造りが大変なものはいくつかありますが、どの世帯にもある食器は特に面倒です。

食器は割れ物が多く、細心の注意を払って梱包しなければ運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。


ここのところ、薄いガラスで作られたグラスも増えています。それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者に申し出て専用の箱をもらい、そこに入れるというように最大限の注意を払って荷造りするようにすると破損の心配はぐっと軽減されます。

引っ越しの時は引っ越し前と後の近所の

引っ越しの時は引っ越し前と後の近所の人に忘れずに挨拶するのが良いでしょう。挨拶をサボると隣人との関係がこじれるというケースも珍しいことではありませんから、重要です。普通に生活しているつもりでも思いもよらない迷惑をかけていることもあるものです。


円満に解決するためにも、隣人には、積極的にしっかりと挨拶をするに越したことはありません。

これから引っ越し、と決まったところで最優先しなければいけないのは転出届を提出し、受理してもらうことです。複雑な手続きではなく、現住の市区町村で役所の窓口で手続きすれば、すぐ受け付けてもらえますが、郵便で役所に送ることもできます。忙しくて、役所の受付時間に間に合わないという場合は、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。転居届の提出は、転居の2週間前くらいからできる市区町村が多いようです。子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に完成したばかりのマンションを購入できまして、引っ越すことにしました。いよいよ引っ越しの日を迎え、運送作業が進みましたが、天板を取り外して分解できる書斎机が、うまく分解できず、結局、そのまま運んでもらいましたら、びっくりするような値段ではありませんでしたが、少し納得しづらい追加の料金を支払ったのでした。見積もりを出してもらった段階でどういう時に追加料金を払うのか、知っておきたかったです。
就職や転勤、あるいは一人暮らしを始めるなどで新しい住居が決まったら、簡単なもので充分ですから、引っ越しまでの大まかなプランを立てておきたいところです。

引っ越しの準備をあまり早い時期に始めてしまうと今の生活に支障が出てくる可能性がありますし、のんびりしすぎると後から忙しくなってしまいます。

こういった際は、今の生活で必須ではない、季節の衣類や本などから梱包していけばスムーズに進めていけそうです。日取りも決まって、さて引っ越し作業を始めようという時、手元になくてはならないものとしては、とにかくまず、ダンボールではないでしょうか。
荷物を運ぶには、梱包しなければなりませんが、この時にダンボールが必須です。重量のあるものは小さい箱に入れるなど、使い分けられるように大小揃っていると作業しやすいはずです。

荷物が多い場合はダンボールも大量に必要になりますし、想定より多めの個数を準備するのが良いようです。


スーパーなどのお店からもらってくることもできますし、ホームセンターで販売もされていますが、利用を予定している引っ越し会社のダンボールを使うこともできます。

この方が無難かもしれません。市販のものを購入するより安くつくことが多いです。

国民年金の加入者が引っ越しすることになっているなら、加入者なら持っているはずの、国民年金手帳の住所を変更する必要があります。手続きの期限は引っ越し後14日以内ですからなるべく早めに、手続きは終わらせてしまうのがおすすめです。手続きの際には、国民年金手帳と印鑑が必要なので、持っていきましょう。



やむを得ない理由で、本人が顔を出せないなら、適正な委任状を作れば親族や配偶者が、本人の代わりに手続きできるようになります。面倒な引っ越し作業に時間を使いたくないという方は、アート引越センターに作業を依頼すると、順調に完了できるでしょう。
荷造りのための段ボールの用意や家具の運送などなど、引っ越しに関わる全てのことをサポートしてくれると思います。


重量のある家具や荷物の運送も信頼してお願いできますので、当日も計画通りに引っ越せます。
いよいよ年金生活というと、日常生活そのものが一変します。

これからの生活に合わせた住環境へと、変えてみるのも良いでしょう。



現在の住まいが集合住宅であっても、一軒家であっても、これまでの生活から年金生活に入ることによって、合わない点が徐々に現れるかもしれません。

特に、賃貸にお住まいのご家庭ではおそらく、家賃負担は厳しくなるでしょう。これからの生活に合った環境に引っ越してみるのも良いのではないでしょうか。

まだ社会に出たばかりの頃に友達と二人で生活していました。ほとんどはペットを飼えないアパートで、猫を飼っている友達は物件探しの際、その条件を最優先しました。
二人で不動産屋に相談し、やっと条件に合う物件を見つけました。

即入居できたので、引っ越しして私も、友達も、猫も満足できました。
誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。


荷造りをするときに使うもので、ダンボールの他、テープ、ひもなどは絶対必要です。


買うことや譲ってもらうこともできますが、業者を通した引っ越しならば、契約成立までにこうした梱包材を無料でもらえるケースが増えています。
契約成立でもらえるものが、単なるお金の無駄にならないようにまずは見積もり依頼の時に確認するのを忘れないでください。

引っ越しの作業をする前に、軍手を用

引っ越しの作業をする前に、軍手を用意しておくのを忘れないでください。



たとえば、荷造りをしているときです。



カッターやはさみを普段やらない作業で使うので、ケガの可能性が高くなります。荷物を移動させるときのことを考えても、荷物で手指を挟まれたり、荷物が落ちてきたりする可能性があります。軍手を用意するときに注意しておきましょう。自分の手と指の長さに合っていて、滑り止めがついている軍手を買わなくてはなりません。

それで作業もしやすくなりますし、荷物も引っかかりが良く、安全に運べます。
引っ越し業者の選択は難しいものです。引っ越しの経験が無いならば、不安も大きいと思います。
初めて引っ越しした時、私は引っ越しのサカイでした。

なぜかというと、他の引っ越し業者よりも安く済んだからです。

従業員さんも親切に対応してくれたので、安心して任せられました。それ以来、引っ越しではサカイさんに依頼するようになりました。

違う業者も考えないわけではないですが、やはり慣れている所だと安心感と信頼感があります。これからも、サカイさんのお世話になる予定です。


新築の家が完成したのが数年前です。



賃貸から転居しましたが、何といっても、デスクトップパソコンの移動に全力を尽くしました。

引っ越しの時は、娘は3歳、息子が1歳だったのですが、撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。
運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。
業者さんもパソコンが入っていることをわかっていたため、ものすごく丁寧に運んでくれて、傷もつかず、データも全て無事でした。引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、なるべく大型家具の表面や、家電に目に見えるような傷を残したりしないようにします。せっかくの新居ということで新品の家具などを購入したりした時は、毛布を巻いたり、市販の緩衝材なども使用して運搬するべきなのです。

新居にピカピカの家具、となるとワクワクしますが、運ぶ間に傷だらけになってしまったら、少し気分が落ち込んでしまうかもしれません。あらゆる引っ越しに関わってくる手続きに、各市区町村へ、転出届と転入届を出すことがあります。


先に転出する市区町村の役所から転出届をもらいます。そして転入する市区町村の役所でそれを提出して、転入届を出して転入手続きをします。

言うまでもなく、転出届とセットでないと転入届の提出もできないことにくれぐれも注意してください。



これを忘れると他の手続きも進まなくなるので他の手続きに優先して、まず終わらせておきましょう。上京してきたときも含め、今まで3回の引っ越しをしてきました。



引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、何回やっても荷作りには手間取るものです。

単身者が引っ越す場合、私の経験では多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら問題なく荷物を運べるのです。

スーパーで分けてくれるダンボールや、クラフトテープとは運んだときに差が出ます。


問題なく荷物を移動させるために必要になるので、妥協せず手に入れましょう。

最近では、実行する人も少なくなったかもしれませんが、引っ越しをすると、家族やあるいはお手伝いの人たちと、みんなでソバをたぐる、といった面白い習慣が、かなり以前からありました。
由来を見てみますと、ソバということでどうか細く長くお付き合いできますようにという、願いが込められていますし、この度お「ソバ」に引っ越してきたので、以後お見知りおきをなどとダシャレも込めつつ引っ越してきてご近所となった人々に、振る舞ったり、配ったりしたものだと言われています。
物件探しについてなのですが、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。そこで担当してくれた人がとても丁寧に対応してくれたので安心し、その人が勧めてくれたものの中から、一つを選びました。

違う不動産屋さんも訪れてみるつもりだったのですが、別のサイト掲載の物件も、何の問題もなく紹介してくれるということを教えてもらいましたから、複数の不動産屋さんを巡ったりはせずにすんだのです。


業者にあらかじめ予約を入れて、引っ越し作業を依頼していると、直前になってキャンセルをすると、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。見積もりを見せる時には、引っ越し業者はキャンセル料の発生条件などについてちゃんと説明しなければなりません。しかし、その説明が書面でなされた場合にはキャンセル料についての記載に気付けないこともあります。
ですから、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか尋ねておくべきではないでしょうか。


引っ越しで、プロの手を借りずに、自分だけで引っ越し作業をしたい場合はまずは荷物を少なくすることを考えます。
なぜなら、あまり大きな荷物の載せられない、自家用車で荷物を運びますから、そんな車内に詰めていくために、適切な大きさのダンボールで梱包すること、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、これで、包み紙は使われず、荷物のかさを減らせてついでに衣類も梱包できる、そんな小技でもあります。万事このように、荷物を減らす努力をしましょう。



ロハコクーポンはココ
道
Copyright (C) 2014 青森にUターン就職!貧乏OLの丸秘家計簿ブログ All Rights Reserved.